手術について



手術が必要になったら

動物も人と同じように病気になり、手術が必要になることがあります。当院では、一般的な病気であればほとんど対応可能な手術設備をご用意しており、安全性最優先の手術を行っております。もちろん手術前には十分に飼い主様へのご説明をして、納得頂けるよう治療を進めさせて頂きます。なお、犬や猫だけでなく、ウサギの手術も実施しています。

手術の流れ

1各種検査

正確かつ安全な手術をするために、事前に触診、視診、問診、聴診を行い、さらに必要に応じて血液検査やレントゲン撮影も実施します。これらの検査結果に基づいて、その動物に合った、綿密な治療計画を立てていきます。

2ご説明

検査結果、手術の方法、そして麻酔や合併症などのリスクについて、あらかじめ飼い主様にはしっかりとお話させて頂きます。緊急手術の場合を除き、ここでは十分に時間をかけて、ご理解、ご納得頂けるようにしています。

3術前準備

嘔吐を防ぐために胃の中は空っぽにしておく必要があります。手術当日は朝から水やごはんを一切与えないでください。また、前日から激しい運動などは避けるようにして、リラックスした状態で十分に休ませるようにしましょう。

4手術

細心の注意を払いながら手術を進めて参ります。

5術後

手術の内容、そして動物の種類によって、その後の回復にかかる日数は変わります。場合によってはICU(集中治療室)での入院が必要になることもあります。退院後も、身体的・精神的な負担を感じないよう気を付けてあげましょう。